沿革 | ボタン事業 アクリル事業 株式会社カナセ

  • 採用情報
  • リンク
  • LANGUAGE
  • ENGLISH
  • JAPANESE

沿革

お問い合わせ

沿革

1919年(大正8年)
金谷清太郎が上富田町朝来に於いて貝ボタン製造を開始する。
1926年(大正15年)
工場を田辺市に移転する。
1934年(昭和9年)
ナットボタンの製造を始める。
1947年(昭和22年)
田辺市湊に於いて金清釦工業株式会社を設立。
1949年(昭和24年)
ユリア樹脂ボタンの製造を始める。
1954年(昭和29年)
大阪市天王寺区に大阪支店を開設、直貿易業務を開始。
1956年(昭和31年)
上富田町朝来に金清化学工業株式会社を設立、ポリエステル樹脂ボタンの製造を開始する。
1957年(昭和32年)
カゼイン樹脂ボタンの製造を開始する。
1959年(昭和34年)
キャスト製法・アクリルシートの製造を開始する。
1960年(昭和35年)
米国ナムシンガー社とボタン製造技術提携契約を結ぶ。
1962年(昭和37年)
大阪支店社屋新築。
1966年(昭和41年)
米国オシアナ社とボタン製造技術提携契約を結ぶ。
1968年(昭和43年)
本社社屋工場を田辺市稲成町に新築移転する。
1971年(昭和46年)
金清釦工業株式会社と金清化学工業株式会社が合併し、カナセ工業株式会社と改称する。
1977年(昭和52年)
東京事務所を開設する。
1979年(昭和54年)
金谷清太郎が取締役会長に就任、金谷照男が取締役社長に就任する。スペインに合弁会社カナセ・エスパニア株式会社を設立する。
1981年(昭和56年)
東京都千代田区に東京営業所の社屋を新築。
1988年(昭和63年)
香港のユニオン・ボタン株式会社を買収し事業継承。
株式会社紀陽銀行第1号受託として第1回物上担保付社債(私募債)を発行。
1989年(平成元年)
創業70周年記念事業の開催。
1991年(平成3年)
中国広東省宝安県観瀾鎮にUNION BUTTON FACTORY LTD.の工場を移設。
1992年(平成4年)
創業者 金谷清太郎死去。
1994年(平成6年)
富田川工場にてチップ抵抗器の製造開始。
1996年(平成8年)
金谷照男が会長、金谷清道が社長に就任する。
1999年(平成11年)
タッド株式会社を設立する。
2002年(平成14年)
中国深圳市に深圳金清塑胶有限公司(SHENZHEN KANASE PLASTIC CO., LTD.)を新規設立。
2004年(平成16年)
長野県南箕輪村に長野工場を建設、アクリルシートの製造を開始する。
2005年(平成17年)
深圳金清塑胶有限公司(SHENZHEN KANASE PLASTIC CO., LTD.)の工場を移設。
2005年(平成17年)
UNION BUTTON FACTORY LTD.が ISO9001 を取得。
2008年(平成20年)
UNION BUTTON FACTORY LTD.が 中国広東省観瀾鎮のUnion Buttonの二工場を広東省高要市に新築移転。
2008年(平成20年)
大阪市天王寺区上汐に大阪営業所の社屋を新築移転。
2009年(平成21年)
JIS Q ISO9001:2008 を取得。
2014年(平成26年)
代表取締役会長 金谷照男死去。
2018年(平成30年)
社名を「株式会社カナセ」(1月1日付)に改称する。